忍者ブログ
ゲームや漫画やその辺の話題を中心に。
12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面
    カレンダー
    11 2017/12 01
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31
    リンク
    Twitter
    ブログ内検索

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ネジ式ザゼツキー

     ネジ式ザゼツキー:島田 荘司 (著)
     読みました。日本人として目を背けたくなるようなテーマもありまして、重苦しい感想を書こうと思えば書けるのですが、そこはそれ、専門家の方にお任せします。その辺の事に付きましては自分の中でだけ、ひっそりと考えてみます。

     さて。感想としてまず第一に、御手洗さんの一人称が『ぼく(ひらがな)』!! 何てかわいい御手洗さんなんでしょうか。ぼく(ひらがな)!! いいです。かなりいいです。大好きです。

     次に、作中作の『タンジール蜜柑共和国』。これが、一つのファンタジー作品として普通に面白いんです。飛んだり冒険したりピンチになったり、この作中作を読むだけで胸いっぱいです。

     しかし、この『タンジール蜜柑共和国』に現実の真実が紛れ込んでいると言うのですから驚きです。

     全部読むと、何だか頭が良くなった気持ちがして(専門用語とかがいっぱい出てくるから)それもまた良し。


    ネジ式ザゼツキーネジ式ザゼツキー
    島田 荘司

    by G-Tools


    拍手[0回]

    PR

    [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]